パプアニューギニア海産のフリースケジュール制のパートタイマーで働きたい!

スポンサーリンク

大阪市摂津市にある「㈱パプアニューギニア海産」ってご存じですか?

パートさんに、好きな日に働くことができるフリースケジュール、嫌いな仕事はしない、パート同志のなれ合いをしない(派閥を作って職場の雰囲気を悪くしないため)を導入しているエビ加工の向上です。

がっちりマンデー!!を見て驚いたのですが、「休みたいときは連絡禁止!」「したくない仕事はしてはいけない!」「パート同志仲良くするのは禁止!」というシフトで固められた昭和な労働環境からすればびっくりだけれども、令和には必要な労働条件だと確信しました!

ここのエビ工場で心から働きたい!と思いましたが、残念ながら現在はパートさんの募集をしておりません😢

けども働き方で悩んでいる人はフリースケジュールタイプで働くのもありですよね!

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

パプアニューギニア海産のフリースケジュール制のパートタイマーで働きたい!

働くママには最適な職場!

「欠勤の連絡は禁止!」
「働きたいときに出勤、都合に合わせて退勤!」
「パート同志仲良くしてはいけない!」

 

信じられないですが、パプアニューギニア海産のエビ工場は、欠勤するときも「無断欠勤」でOK!

万が一子供が熱を出したとしても会社には連絡せず、子供の看病に専念できます。

怖いパート先であれば「アンタが休んだらどうなるの!!!」「代わりの人間探せ!!」と言われます・・

その点で考えると働くママにはすごく有難い!!

 

しかも、シフトがないので、本当に時間に縛られることなく働けるのがありがたい!

主婦には色々な事情があります・・幼稚園の帰りが早いとか、通院があるとかで、決まったシフトで働くことができないのが大きな悩み・・・

フリースケジュールのおかげで、時間に追われることなく仕事と私生活を上手に両立させることができます。

私の場合、幼稚園のお迎えと株式相場の都合で2時には絶対に帰宅したいので、この会社が近所にあれば絶対に応募してます!

 

 

「パート同志仲良くしてはいけない」というのは決して冷たい意味ではなく、

派閥ができることで職場の雰囲気が悪くなり生産性が落ちてしまうということです。

確かに人間関係が悪くなれば、仕事にも支障が出ますし、長い目で見ると会社の信頼も損なうことになる・・・

 

ある意味で「アットホーム」を売りにしている会社は非常に危険です。

以前「アットホーム」なバイトで働きましたが、アットホームに全く溶け込めずに同僚にいじめられて一か月経たずに辞めました・・

パート同志仲良くするなという意味は仕事にも集中できるし、人間関係の余計なストレスを抱えずに働けるので主婦としては最高です!

 

 

仕事でもやりたくないことはやりたくない

パプアニューギニア海産では月に一度仕事のアンケートをとり「やりたくない仕事」はパートさんに仕事をさせない方針を採用しています。

 

海老の殻むきが得意なのに、苦手なパン粉付けをしても生産は向上しない、

品質の悪い商品を世に出すことになる・・

 

それって凄く会社とパートさんにとっても良くないこと・・長い目で見ると人材が離れ、利益だって減少します・・・

「やりたい仕事」を懸命に頑張り、「やりたくない仕事」はしない

双方にとってすごく良いことだと思いました。

 

過去、実はフリースケジュール制のバイトをしてました

大学生の頃、とある不動産会社で働いていました。

シフト制を採用せず「フリースケジュール制」でした。

さすがにパプアニューギニア海産のように「欠勤の連絡」はしないといけませんが、

本当に授業や就活のスケジュールに合わせて「自分だけのシフトを組むこと」ができました。

 

朝9時から12時まで出勤→その後、大学の授業

大学の授業後→15時から18時まで出勤

就活後→11時から13時まで出勤

などなど自由にシフトを組めたので、同僚の大学生から好評の職場でした!


本当に働きやすくてやめるのが惜しい会社でした。

逆にシフトに縛られているバイト先で働いていた同級生は「試験前に休ませてもらえず単位落とした」「就活と都合がつかない」など様々な問題を抱えていました。


これからの時代、フリースケジュール制だと痛感!

自由に働きながら生産性をしっかりと維持できるパプアニューギニア海産の体制に、多くの経営者も参考にしてほしいと強く思いました。

お互いにストレスのない働き方を実現できたら、きっと社会も変わると私は強く思います。

 

 

スポンサーリンク