みつきの人生レシピ

12年引きこもり主婦のみつきです。人生色々ありますね。。辛い素材も楽しい素材も調理して美味しくいただきましょ♪

子供のころ公文をすぐ辞めた理由(体験談)

スポンサーリンク

みつきちゃんと旦那さんは、子供の頃マッハで公文辞めてんなぁ!

うん。事実です。
中学受験対策で始めたけど多分半年くらいで辞めたよ(そもそも塾が高すぎて比較的安かった公文でなんとかいけるやろと判断したが私にはNGでした)

公文は合う合わないってはっきりするよな

合わないとおもってすぐに辞めるのは勇気がいるよ。
でもみんなが通っているからと言って続くとは限らないよね
公文独特のシステムに合わなかったのです。

 

 

 

公文を辞めた理由

私が辞めた理由

ふきだしにもありましたが、中学受験対策として通うことを自分で決めました。

当時、中学受験をやると決めましたが、情報収集等はすべて自分で行わないといけなかったです。

小5の子供がネット環境もない状態で中学受験の情報を調べるには限界があります。

しかも友達もいなかったので情報収集にはすごく苦労しました。

なぜ公文を選んだのかはわかりませんが、

教室で中学受験をする同級生が公文に通っている子がいると聞いたからです。(ほぼ盗み聞き!)

君のご両親はホンマ全然情報収集に協力してくれへんかったな
フツー、娘が受験すると言ったら協力してくれるやろ

うん。なんでやろーと思うけど。そこは仕方がない
公文を選んだ理由は当時塾に比べると月謝が安かったからだよ

公文独特の制度に肌が合わなかった

私が通った教室だけかもしれないですが、基本的に先生は採点のみです。

採点だけをして「よく考えようね」と言われるだけですので、

弱点を克服できないだけでなく、問題を解くプロセスを理解できないです。

公文のシステムには賛否両論ありますが、自分で考えて答えを導き出せる子は公文のシステムに合ってますが、

答えを導き出すプロセスをうまく考え出せないけど、先生がポイントを絞って教えてくれると、問題を理解できる子には公文は向いていません。

私は後者でしたので、公文のシステムには根本的にあいませんでした。

月謝支払っているのに何にも教えてくれないのは無理やな
ベネッセの赤ペン先生のほうがええやろ?
赤ペンでアドバイスはしてくれるみたいやし

万が一、お子様が現在公文に通っていて、公文に対して何か不満を訴えたり、
成績の伸びが悪い場合は公文がお子様にあっていない可能性がありますので、
お子様と今後公文をどうするかお話をしてみることをお薦めします。

 

レベルが高い目の同級生や下級生にバカにされたから

私は当時イジメられていました。

教室だけではなく、それは私が通っていた公文にも広がりました。

同じ地区ですので、いじめっ子は教室におり、私のレベルを見て頭が悪いだの、容量が悪いだのとにかく言われるのが苦痛でした。

当時の私は勉強の方法を全く分かりませんでしたので、同級生いや1つ年下の下級生よりもレベルが低いこともありました。

公文へ行っても、悪口や馬鹿にされるのが苦痛になり、もう半年足らずで辞めました

 

勉強のレベルは人それぞれたのに・・それを馬鹿にするんはアカン!ゆるせん!
そんなとこは早く辞めて正解や!!!

公文辞めて、塾いかないでたった一人で志望校の赤本だけを頼りに勉強始めたよ
大変だったけど、勉強中に悪口とか言われないから集中はできたよ
偏差値低い中学ですが何とか合格できたし、新しい学校のおかげで勉強の楽しさもわかったよ!

 

(当時はちょっと周りに子に比べて成長が遅かったせいもあったのか、勉強ができませんでした)

mitsuki-liferecipe.com

 

旦那さんが辞めた理由

めんどくさくなったから

旦那さん曰く、とにかく公文の教室へ通うのが面倒になったそうです。

別に先生から指導を受けるわけでもなく、ただただ目の前にある問題を全問正解するまで解き続けないといけないのがしんどくなったそうです。

f:id:mitsuki1617:20210914171109p:plain

旦那さんが通っていた教室も教えてくれないって言っていたなぁ
教室が汚かったから

旦那さんには別の理由で辞めた理由がありました。

それは教室が汚かったからです。

とても勉強をしたいと思えるようなきれいな教室ではなく、あちらこちらに汚れがあり、本当に落ち着いて勉強に取り組むことができなかったそうです。

教室が汚いという理由で辞めるお子様もいらっしゃるので、現在公文の教室を運営されている先生は清潔度をアップさせることをお薦めします。

確かにきったない教室やとやる気はおきへん?

旦那さんは子供のころから綺麗好きやったことがよくわかるエピソードでした

 

最後に

何だか公文に対するネガティブキャンペーンのような記事でしたが、

中にはよい教室もあると思います。実際に羽生善治さんや野村萬斎さんやその娘さんと息子さんも公文に通っていたみたいなので、ある一定の効果はあることは確かです。

赤西仁さんも公文の凄さを仲間たちにすごく語りまくっていたというエピソードもありますし、紗栄子さんの息子さんも公文で優秀な成績をとり、なんかで表彰もされていたらしいです。

 まぁ一言でいえば、合う子は合う!合わない子は合わない!以上!

 

'