みつきの人生レシピ

しばらく幼稚園評論家になります

子育てブログの今後について深く考えてみました(西原理恵子先生の一件について考えた)

スポンサーリンク

西原理恵子先生の娘さんの暴露ブログが色々波紋呼んでいるな・・・

この記事ではあえて暴露ブログの内容には触れませんが、今後のブログについてよく考えさせられた件です。

 

私のブログは子育てブログではありますが、子供達の写真はおろかイラスト、名前ですら出していません。

ブログを立ち上げた理由は、私のように子育てで困っているパパママに体験談として残そうと思いました。

子供のことも若干記載してますが、身バレだけはかなり注意しています。

周りに判明するような「出来事」は記載しない、写真はスタンプでも記載しないなど自分でルールを決め、彼らが小学校になったら自動的に子育てに関する記事は「節目」の時にだけ、さらっと記載しようと考えています。

 

スポンサーリンク

 

 

アジサイめっちゃきれいやった



子育てブログの今後

子育てブログは一番簡単でアクセス増やしやすいのは確かです

私は日々数多くの子育てブログを目にしています。西原理恵子先生並に、がっつりと学校の成績から子供の障害の有無などこんなに出したら「もうっ身バレ」しちゃうよ~!と思うものも数多いです。

 

実を言えば子育てブログは簡単で万人受けするジャンルです。

 

だって「目の前で発生している出来事」を執筆するだけでOKですし、

ジャンルの細分化においても「三姉妹」や「障害がある子供」「難関校の中学受験」などかなりの需要が求められているのは確かです。

そこに火が付けばあっという間に人気が出てアクセスと収益はホックホク!という訳です。

◆子育てブログがうけるわけ◆
1:何気ない日常が読者である子育てママに受けまくる

2:そこに写真orイラストでも付けたらイメージが湧くのでさらに人気

3:内容がウケたら大人気になれる☞書籍化も夢じゃない

4:確実に自分の子育ての悩みと合致するブログが見つかる

 
☟今となっては何とも言えない内容である・・・母と娘は難しい問題です

子供のデジタルタトゥー

子育てブログにおいても「一線」「人権」を意識しないといけないと私は思います。

小さな子供には親に対して「記事に対してNG」を言えない立場です。

その立場を考えると「園での些細な出来事・トラブル」等、「家庭内で発生した兄弟げんかネタ」なども簡単に取り扱えないなという結果になります。

このブログでは子供一色ブログにしていないのも、そういった「一線」があるからで、「一線」を超えることで西原理恵子先生の娘さんのような状況になるのではないかなと考えています・・

ブログや書籍などが原因で親子との関係が断絶になるなんてことは絶対に避けたい・・

本当に難しいです。これでいいのかなと考えることも多いです。

答えはないけれども、子供が嫌がるような記事は絶対に手を付けない

ネタがなければ、自分や自分の過去・使っている商品についてネタにすると決めています(自分をネタにするのはOK)

◆関連記事◆

自分のブログを家族・友人や知人に教えている?(ブログバレ対策してますか?) - みつきの人生レシピ

 

今後も名前・写真等は出さない

今後も当ブログでは、子供達の詳細等は一切公開はしないつもりです。

もしかしたら、管理人には子供がいるの?と怪しまれるかもしれないですが、そう思われても仕方がありません。

答えがない、オチがない記事になりましたが、「子供が嫌がることはしない」をモットーに今後も書いていきますね。

長々とありがとうございます!

スポンサーリンク