みつきの人生レシピ

しばらく幼稚園評論家になります

低血圧持ちの30代後半女性・眠気のような眩暈で倒れてしまった

スポンサーリンク

低血圧持ちのこの人が、とうとう倒れてしまいました

次男と一緒に歯磨きをしていた時に眠気のような眩暈に襲われ、体ごと力がなくなりパタンと静かに倒れてしまいました

その後、詳しく記載しますが、救急病院→神経内科クリニックで受診した結果、「低血圧からくる眩暈及び立ち眩み」だとお医者さんから言われました。

倒れた時は、「脳出血?脳梗塞?」と脳の病気を疑いましたが、神経内科でまさかの「低血圧」が原因だと分かりました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

低血圧からくる眩暈で倒れました

救急病院で受診

次男の歯磨きで静かに倒れてから、頭がふわんふわんと襲われ、ベッドにいるときも少しでも気が抜けたら、静かに倒れるの繰り返しでした。

さらに吐き気に襲われたことで、「脳に関することかもしれない」ので、夫が救急へ行こうと真夜中なのにもかかわらず連れて行ってもらいました。

   救急病院で分かったこと

✔頭がふわんふわんとして倒れるけれども、医師としっかりと話せる。脳に関する簡    易検査もパス
 →脳に異常はなさそう

✔血液検査→すべての血液の数値が正常なので「貧血」ではない

✔医師曰く「今夜と同じ状況が翌日も発生したら内科で受診を

✔処方箋→トラベルミン配合錠(頭がぐるぐるする眩暈向け)
     プリンペラン錠mg(吐き気止め)

✔診療代=4540円!!!!

 
「脳に関する病気」でない可能性が低いことを知って、私達はほっとしました。
真夜中24時を回っているのにもかかわらず、同行してくれた家族にはすごく感謝です。

しかし、診療代は高いですね😢4540円・・・

眩暈・立ち眩みの予兆はありました

普段から80/50台の低血圧で長年過ごしていました。(妊娠時は98/39を記録したことも!!)

高血圧も大変ですが低血圧も大変です



 

昔から、早起きはできない、立ち仕事に耐えられない、運動も長続きがしない、とにかく頑張りがきかない体質でした

(この体質だと分かっていたので、結婚と同時に引きこもり専業主婦になりました)

 

子供ができる前は、旦那さんを見送ってから二度寝をする毎日で体力を温存できていました。

しかし、現在は朝6時に起きてお弁当と朝ごはん、家事をして、子供達と一緒にこども園へ一緒に出向いて帰宅したら家事育児!二度寝もなくなり、ゆっくり休む時間が無くなったおかげで、何年にもわたってストレスと疲労が蓄積し体が悲鳴を上げたのかもしれません・・・(夏休みのワンオペ育児などもストレスだったかも・・)

◆朝活ができないのも低血圧が原因だったかもしれません◆

翌日、神経内科へ

救急病院の翌日も「頭がふわんふわん」「眠たくないのに瞼が重い」「力が抜けるように倒れる」症状があり、「眩暈」に特化した神経内科クリニックで受診することにしました。

 

やはり初診は待たされますね😢仕方がありません><

一時間半でようやく看護師さんの問診が始まりましたが、院内でも何度も倒れそうになり、その度に看護師さんに受け止められていました。

何度も血圧を計測→ベッドで睡眠(軽い入院みたい!)

気になったのが必要以上に血圧を計測されたことでした。

計測後、先生の受診が終わるとベッドのある部屋で「しばらくゆっくり寝てくださいね」と1時間半くらい寝かされました

(途中、スマホをいじっていると看護師さんがカーテンをシャッと開けて「寝てくださいね」と言われました)

 

起立血圧テストを受診

一時間半、ゆっくりとベッドで眠ったおかげで「すっきり」しました。

再度、診察を受けると「よし!起立血圧テストをしますよ!」と検査室で受けることに

  起立血圧検査テストの内容

10分間寝ます→起床して1分後、3分後、5分後、7分後、10分後の血圧を測定
(数値はすべて80/60~50台を行ったり来たり)


テストが終わり、再度問診を受けて先生から眩暈について具体的な原因を伝えられました☟

眩暈・立ち眩みの原因

✔数値からすればかなりの低血圧→起き上がった際にうまく脳へ血液が循環できていない・・

✔救急病院から頂いた血液検査の結果から言えば「貧血の可能性は低い

✔手のしびれがない、しっかりと会話ができているから「脳の病気の可能性は低い

✔体重の低さ・手荒れを見ると「ストレス過多・水分・栄養不足かもしれない」←否めない

✔過度なストレスを抱えていませんか←先生曰くストレスと眩暈の関連性はあるらしい


要は、ゆっくり休んでねと・・

 
ミドドリンを処方

先生曰く「低血圧の状態から血圧を上げるのではなく、できるだけ下げないためにミドドリンを処方するから、また2週間後来てください」とのこと。

朝晩2粒つず飲んでいますが、正直、眩暈は完全に治ったわけではないです。

ミドドリン飲んで様子を見ましょう



眩暈が来そうになったら「即休む・寝る」を繰り返すことで普段通りの調子へ整えることができることがわかりました。

 

病院から帰って、翌日は丸一日寝ていました。

丸一日、寝ていたおかげで「眩暈」の回数は劇的に減りました。

要は「睡眠」って非常に大事、ストレスをためない、こまめに栄養を取るということ

 

人として当たり前のことですが、幼子2人を抱えた状態だと中々難しいです・・

 

低血圧と付き合っていくには

これを機会に血圧計を我が家に導入しました。

(本格仕様なので使う時は間接よりも1センチ開けて巻くことを意識しないといけないです)

 

そしていきなり動くことは脳へ血液を行きわたらせることができにくいので、

ゆっくり動く事」を意識すること。(筋トレも相当ゆっくりです)

 

そして先生曰く、私の周りにこまめに接種できるお菓子・飲料を置いておくこと(これって子供達狙いそうなんですけど・・・)

先生お薦めのOS1を飲むように言われました。店舗販売ってなかなか見当たらない!

 

こんな調子で低血圧と付き合っていきましょう。

旦那さんからは「低血圧で体力もないと、外で働くのはちょっと考えたほうがいいね」と言われましたが、その通りかなと私は残念に思いました(社会復帰が遠のく)

 

今まで高血圧の人は食事制限などがあって大変だと思いましたが、低血圧もなかなか大変です。

年を重ねると基礎疾患と付き合っていくことが多くなると聞いていましたが、まさかこんなに早く!?という状態です。

    とにかく低血圧で悩んでいる人一緒に頑張っていきましょうね!!!

 

スポンサーリンク