※ 当サイトの記事には、広告・プロモーションが含まれる場合があります

【入店できない!?】Nintendo Kyoto(京都任天堂オフィシャルショップ)は整理券がないと入店できません!!(整理券配布場所・開始時間終了時間)

※ 当サイトの記事には、広告・プロモーションが含まれる場合があります

スポンサーリンク

え?なんとなく「Nintendo Kyoto」へ出向いたら入店できなかったって本当?

普通に入店してお買い物できるかな~と軽い気持ちで出向いたら、「本日分の整理券はすべて終了いたしました」と書かれていて、ちょっとでも入店できない?と思ったら本当に整理券がないと入店できませんでした><

 

驚きましたよ・・・

京都高島屋7Fにある「Kyoto Nintendo(京都任天堂オフィシャルショップ)」へ出向いたら、整理券がないと入店できない!&超激込みで驚きました。

 

こちらの記事では、私のように「整理券がないと入店できない問題」「子供をがっかりさせてしまった問題」を回避し、確実に入店できる方法を教えます!

(きっとオープンしたばかりだから大人気なのかな?と思いました)

 

京都高島屋一階でマリオが待っているよ!



 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

【入店できない!?】Nintendo Kyoto(京都任天堂オフィシャルショップ)は整理券がないと入店できません!

結論から言えば、

Nintendo Kyotoは整理券必要です!これがないと入店すらできません!!

(しかも超激込みです><人ばっかりで地獄絵図でしたよ💦)

 

私達が京都高島屋へ出向いたのがPM16時過ぎたあたりでした。

なんとなーく入店してマリオのグッズが買えたらいいなぁ♪と本当に気軽な気持ちで出向きましたが・・・

まさかの入店できない!!!

しかも整理券がないと入店できない!!!

☟この看板を見た瞬間、血の気引きました・・・(子供達に申し訳ないことしたなぁと!)

整理券には入店時間が記載され、その時間にならないと入店できない!
しかも整理券は配布終了・・・

 

お店って普通・・気軽にいつでもだれでも入店できると思っていた私がバカでした・・

(一応関西には、大阪にも任天堂オフィシャルショップはありますが、それでも間に合いませんか??)

 

 

任天堂の人気の高さを再認識! 

任天堂のキャラが好きなのって小学生じゃない?と思い込んでいましたが、客層を見ると老若男女問わず状態!!

 

子供のころからマリオが好きで、おっさんになった今でも好きだから、マリオが好きになったこどもと一緒に来店しちゃいました❤というケースが多いような気がする・・

 

完全に舐め切っていました・・(この調子だとUSJのマリオエリアは激込みですよね?)

整理券配布場所(阪急河原町駅:地下10番出口)

整理券配布場所は、阪急河原町駅の地下にある10番出口です

(お店の人曰く、ここで配布することが多いらしいです)

 

地元民以外だと「どこ?」状態ですよね?

 

京都高島屋駅付近には何か所か阪急河原町駅へつながる地下階段がありますので、地下へ行けば、「10番出口」を探すだけです(場所も近いです!)

地下道で配布します

 

整理券配布は高島屋では行っていない、整理券配布場所が分からない場合はそのあたりに任天堂オフィシャルショップのスタッフさんがいるので聞いてみることをお勧めします。

 

整理券配布時間(AM7時からPM3時または4時)

整理券配布時間は、朝7時から昼3時、4時までです(早ければ昼3時には整理券配布終了になります)

 

朝7時って早すぎですよね!早朝から配布するという意味は、激的に混みますよ・・ということですね・・・・(朝7時って地元民か、気合入れて入店したい旅行客しかいないような・・・)

 

とてもじゃないですが、ふらっと思いついてくるようなショップではなく、計画性をもって来店してくださいね?という意味合いが強いと思いました。

地下通路にある壁紙と高島屋一階にあるマリオのオブジェで任天堂ワールドを楽しもう(ピクミンも探そう!スプラトゥーンもいるよ!)

たとえ入店できなくても、少しだけでもニンテンドーの世界を楽しめるようにはしています。

高島屋一階にはこんなに大きな土管から顔を出しているマリオのオブジェがいます!

(撮影する際はスタッフさんが誘導してくれます)

この撮影だけでも喜んでくれました😿

 

阪急河原町駅:地下10番出口から繋がる地下通路では、ニンテンドーワールドの壁紙があるので、撮影をしたり、好きなキャラクターを探すこともできます。

ピクミンかわいい

 

壁紙だけじゃつまらなーいと子供は絶対にいいますよね?子供が飽きないように「ゲームサウンド」も鳴っているおかげで、ゲームの世界をリアルのように楽しむことができますよ!

 

最後に

整理券がないと入店できないというイマドキの常識に驚きました(次回からは予習しないと・・・)

今回は残念ながら入店はできませんでしたが、次回は計画を立てて今度こそ子供達に思う存分、ニンテンドーの世界を楽しんでもらい、好きなグッズを買ってあげたいなぁと強く思いました。

 

 

 

スポンサーリンク