※ 当サイトの記事には、広告・プロモーションが含まれる場合があります

義実家へ泊まりたくない・行きたくない理由(どの他人の家でもやはり気を使う・居心地は悪いと感じます)

※ 当サイトの記事には、広告・プロモーションが含まれる場合があります

スポンサーリンク

なぜ嫁さんは義実家へ泊まるのが嫌なんだろうか?

決して好んで「泊まりたい場所」ではない。今回は客観的かつ主観的な目線から「義実家へ泊まりたくない理由」を真剣に考えてみました。

 

盆と正月付近になると「旦那の実家へ帰省したくない・・・泊まりたくない」と考えるお嫁さんがたくさんいます。(自ら行きたい!と言うお嫁さんはごく少数派・・・)

周りのママ友も同様に「自分の実家なら泊まりたいけれども、旦那の実家だけは絶対に理由付けて泊まらない!」という意見もちらほらとあります。

 

これは、お嫁さん・旦那さん・義両親全員が考えるべき問題

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

義実家へ泊まりたくない・行きたくない理由(どの他人の家でもやはり気を使う・居心地は悪いと感じます)

正直、義実家が高級ホテル並みの大豪邸であったとしても、お嫁さんからすれば「居心地は悪い」です。

 

だからと言って義両親が大嫌いという訳ではありません。(必要以上に気を使うが)

ただ、義実家で滞在する・泊まるのが苦手なだけなのです・・・・

義実家で滞在しているだけで必要以上を気を使うというだけです。普段と住環境が違い過ぎて戸惑ってしんどくなるという訳です。

 

簡単に言えば、義両親の家は、義両親+その息子(旦那)にとっては居心地がいいが、嫁にとっては居心地が悪いんです。

 

実家が汚い・衛生面に不安がある

本当に「実家あるある」ですが、田舎の家であればあるほど害虫だけではなく、掃除がしにくい家屋が故「年がら年中、家の中が汚い状態」になります。

正直、お嫁さんからすれば「カルチャーショック」かつ「ここに滞在しないといけないの?」という絶望感に叩き落されるのは言うまでもないです。

 

・キッチンにハエが飛びまくっている

・冷蔵庫の中身が驚くほど汚い

・全然掃除されている様子がなく家中埃だらけ・・・(滞在中は体調を崩す場合も)

・キッチンがカビだらけ、水垢だらけ、食器もグラスも汚すぎる(絶対にその食器で料理を出すな!紙皿にしろと言いたい)

 

お風呂を使いたくない

義実家でお風呂を使いたくないという声もありました。

自宅と義実家のお風呂環境が大きく異なるのは理解できますし、リラックスできるはずのお風呂が環境によってはストレスになるからです。

 

・昭和の風呂釜で嫌!

・カビだらけのお風呂が嫌!

・浴室が寒すぎて嫌!(極寒の田舎あるある)

食事が合わない・満足に食べることができない

「食事問題」も大きな要因です。

ある人は、年末年始・盆になると一族が一斉に帰省する大家族状態になる義実家へ帰省するそうです。

その際、人数に対しての料理の量が少なすぎて、自分は子供に食事を与えるために「食事抜き」生活を送ったそうです(ご自身の食事はコンビニでこそっと調達)

 

また賞味期限切れの食品を平気で出されたとか、自分だけ朝食のウインナーがないなど食事に対する不満が出てくる出てくる!

食事が嫌で帰省が嫌という声もあるほどです。ますます納得です。

 

・冷蔵庫に入れるべき食材・ケーキ類・おかず類をテーブルに一晩中出しっぱなしにする(翌日、堂々と食卓に出す)

・姑の味付けが合わない(甘すぎるとか)

・大人数の料理を普段作らないので、食事が全員にいきわたらない(何も食べられないことも)

・お嫁さんだけおかずが少ないとか・・・・

「身内や嫁からすれば知らない人間」の話ばかりでつまらない

会話だけでも楽しくと思うのですが、会話の内容が全て「義実家の身内」の話題なので全然ついていくことができません・・・

 

・義実家周辺のエリアの話題

・義実家の親族・知人の話ばかり

 

未だに「お嫁さんが入りにくい会話」ばかりされると、話しに入りにくいですし、逆にずっと黙っていると「何かないの?」と聞かれると非常に困ります・・・

だって「私の知らない話題ばかり」されても、本当に話についていくことができないですから・・・

 

嫌いな親戚がやってくるから泊まりたくない

義実家に滞在していると「嫌いな親戚」と遭わざる負えない状況もあります。

ただでさえ、義実家で泊まること自体苦手なのに、追い打ちをかけるかのように嫌いな親戚がやってくると精神崩壊を起こします。

 

・嫌な親戚に会うたびに「嫌味」を言われる
・子供はまだか?など聞かれたくないことを執拗に聞かれる
・仕事をしていない(専業主婦の場合)お嫁さんに「働け!」と執拗に言われる

 

大体、義実家ではお嫁さんは完全にアウェーになります。

そこに「ちょっとでもあそこの嫁をいじめてやろう」という考えを持つイジワルな親戚が一人いると、周りの親戚も面白がって加担するケースがあります。

もう地獄ですよ・・・その親戚の顔も二度と見たくないですし、その親戚が苦しい目に遭った時に手を差し伸べようなんて絶対に思いません。

 

慣れない義実家の滞在+苦手な親戚の訪問はお嫁さんにとってはダブルパンチ以上の威力があります。

(絶対に旦那さんがフォローしないと離婚されますよ!)

 

最後に

やはりここまで我慢をして帰省をするくらいなら「泊まる」のを辞めることも大事です。

家族の誰かが嫌がる帰省をしても、まさに自己満足親孝行になるのは間違いないです。

(平等に、お嫁さん側・旦那側で回数をわけて帰省しないとマジで離婚されます)

 

子供がどんどん大きくなれば確実に帰省する回数も減ってくるとはいえ、こんな辛い思いをして泊まりの帰省をするのは嫌!と感じるお嫁さんも大勢いらっしゃいます。

 

年末年始・盆あたりになると「泊まりの帰省したくないから、思い切ってパート詰め込んだ!」というママ友もいるほどです。

こんなことを言われたくないのであれば、日ごろから綺麗にしてお嫁さんを気持ちよく迎えてあげたいですね!

 

という私も将来万が一お嫁さんを迎える立場であれば。。。。

「お金あげるからホテルで宿泊しなさい」と言える太っ腹な姑になりたいです!

 

 

☟逆に義実家で快適に過ごす方法を見出しています!

 

mitsuki-liferecipe.com

 

 

 

スポンサーリンク