※ 当サイトの記事には、広告・プロモーションが含まれる場合があります

【竹生島クルージング割引で安く利用可能!無料で乗船する方法もあります!】LINEくじ・西武カード・HOPカードの提示・交通系電子マネーでの支払い・じゃらんクーポンを利用して安く利用する方法(乗り心地や席の選び方や絶景情報も)

※ 当サイトの記事には、広告・プロモーションが含まれる場合があります

スポンサーリンク

琵琶湖にある竹生島へ安く行くにはどうしたらええん?

竹生島へは、長浜港ルート今津港ルート彦根ルートがあります。
各港からクルーズに乗船して島へ向かいます!
(出港する港によっては会社が異なりますので、そのあたりもご説明いたします🚢)

 

また、竹生島クルーズが10%から半額になる方法と実際に乗船したクルーズ情報を記載いたします。(私が乗船したのは琵琶湖汽船です!)

是非ご参考いただけると幸いです♪

 

竹生島クルーズの基本料金(琵琶湖汽船・オーミマリン)

長浜港往復:大人:3200円 小学生1600円(琵琶湖汽船)

 

今津港往復:大人3200円 小学生1500円(琵琶湖汽船)

 

長浜港→竹生島→今津港:大人2900円 小学生1500円(琵琶湖汽船)


※琵琶湖大花火大会の日は、午後便はお休みです



彦根港往復:大人3200円 小学生1600円(オーミマリン)

 

長浜港です!北琵琶湖ホテルの横にあります

竹生島のレポートはこちら!☟

 

mitsuki-liferecipe.com

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

【竹生島クルージング割引で安く利用可能!無料で乗船する方法もあります!】LINEくじ・HOPカードの提示・交通系電子マネーでの支払い・じゃらんクーポンを使って安くいく方法(乗り心地や席の選び方や絶景情報も)

竹生島クルーズは、2社で運行されています。
また会社によって割引が異なります。

長浜港・今津港ルート:琵琶湖汽船(10%からの割引適用)

彦根港ルート:オーミマリン(20%から無料の割引適用)
       無料で乗船したい人は こちらへ!!
※無料で乗船する方法はLINE登録後、抽選くじに当選した場合です。
つまり運任せ!しかも一回のみ!

 

 

竹生島クルーズを10%~20%安く利用する方法(琵琶湖汽船)

長浜・今津ルートを運行している琵琶湖汽船の竹生島クルーズで安く向かう方法が3つあります。
乗船予定の方は是非ご参考にしてくださいね🚢

・HOPカードの提示で10%オフ
・交通系マネーの支払いで10%オフ
・じゃらんクーポンで最大1700円引き(20%近い割引)

 

 

HOPカードと交通系電子マネーの支払いで10%オフ!

結論から言えば、

HOPカード(平和堂のカード)の提示で10%OFF!
交通系電子マネーでの支払いで10%OFF!

※港では電子マネーのチャージはできないので予めチャージをお願いいたします

 

HOPカードは滋賀県民、一部の福井県民しか持っていないイメージがありますので、該当しない都道府県民は「え!つらい!」となりますが、

交通系電子マネーでの支払いを提示すれば10%オフになりますので、ほぼ全ての都道府県民に10%オフの恩恵はあります。(絶対に事前にチャージしてください)

 

じゃらんクーポンで最大1700円オフ!

じゃらんnet クーポンを利用することで、8300円以上の利用で最大1700円、ポイントまたはpontaポイントを利用すればさらにお得になります!

 

じゃらんの屋形船・クルーズのクーポン

8300円以上:1700円オフ

4200円以上:600円オフ
2500円以上:500円オフ

個人的には大人3人以上で乗船するときに「1700円オフクーポン」を利用するとお得だと思いました。

※ただしクーポンは先着順です

 

乗船するメンバーが多いケースであれば、じゃらんnetを利用すると本当にお得です。

 

竹生島クルーズを20%から無料で行く方法(オーミマリン)

彦根港から出港するオーミマリンの竹生島クルーズはなんと20%から運が良ければ無料で乗船可能です。

また5/5のこどもの日は小学生以下は「無料」で乗船可能です!!これは凄い!

西武プリンスクラブカードを提示で20%オフ

西武プリンスクラブのカードを提示するだけで20%オフで竹生島クルーズを利用可能です。

ただし、カードを提示したご本人様のみ割引対象となりますので、同行者の分までは割引にはなりません。

 

LINEお友達登録&抽選で「竹生島クルーズが無料」になる!

LINEを利用されている方は必見!

「オーミマリン」のLINE登録後、トーク内にある「お楽しみ抽選会」に参加し、

当選した方のみが「無料」で竹生島クルーズに乗船可能です。

 

このキャンペーンは2024年6月30日まで実施されているので、彦根港から乗船予定のお客様はLINE登録をお勧めいたします。

※こちらの利用は一度のみとなっております。

※またネットで話題になっている乗船料半額キャンペーンは現在は行われていないようです

 

長浜港の駐車場は無料!

ちなみに利用した長浜港の駐車場ですが、無料でした!(すっごく助かります!)

約30台駐車可能ですが、乗船20分前に港へ着いた私達は、なんと最後の一台でした!

駐車場を確保したいのでしたら、少し早い目に長浜港へ到着したほうがよさそうですね!

 

竹生島クルーズの事前予約はしておいたほうがいい?

私が乗船したときは、乗船20分前でも余裕で4人分のチケットが取れました(3連休でした)

 

不安な方は前もって琵琶湖汽船・オーミマリンに問い合わせをしてもOKですし、じゃらんで申し込みをして確実に席を抑えることができます。

※冬場に関しては便数がぐっと減るので、冬に竹生島へ行く場合は予約しておいた方が無難かもしれません。

 

乗船チケットは絶対に無くさないで!

この画像のチケットだけは絶対に無くさないでください。

 

チケットから肌身離さず!

結論から言えば、復路のクルーズに乗船する際に、係員さんにチェックされるからです。

乗船チケットは大事に財布に収納する等、紛失は避けないといけませんね💦

クルーズ(べんてん号)の様子!(琵琶湖汽船)

べんてんで竹生島へ向かいます

1F122席、2Fが42席のべんてん号で竹生島へ向かいます。

 

席選びに関しては、結論からいえば「自由(並んだ順)」です。

 

ただし個人的に感じたのが長浜港から出港される「べんてん」に関しては、1Fがちょっと臭い?臭いよね?と感じました(なんでだろう・・・)

 

1Fにはトイレと自動販売機があります。

後の記事にも記載しますが、竹生島には公衆トイレ(ちょっと古い目・・)しかありませんので、竹生島上陸前にお手洗いを済ませておくことを強くお勧めいたします。

2F席はデッキもあるので最高!

お勧めは2F席ですね!

1Fで感じた変なにおいもありませんでした。

席でくつろぐのもよし!デッキで琵琶湖と風を感じながら35分のクルージングを楽しむことができますよ!

風が気持ちいい!!



当日は酷暑でしたが、琵琶湖の風はとにかく気持ちよくて酷暑であることを忘れるほどでした。

 

 

 

乗り心地と船内での楽しみ方

2階席は揺れる?と思いましたが全然揺れを感じませんでしたし、船酔いもなし!

逆に眠気に襲われるほどの快適さでした🛏

個人的には2F席のほうがおすすめです!



船内での楽しみ方は、終始琵琶湖の歴史、竹生島の概要(予習できます!)、長浜周辺のホテルの案内などが35分間終始流れているので、ある意味で飽きませんw

 

ちなみにwifiはないですが、ネットは問題なくできます。

竹生島上陸後にも料金がかかります!

気を付けてほしいのが、竹生島自体神社仏閣のパワースポットですので、参拝料を支払わないといけません!

竹生島拝観料

大人600円

小学生以上300円(幼児は無料)

 

しかも現金のみです!



(無料スポット?といえるのが、港付近と売店程度です。そこで90分近く時間をつぶすことはできないかなと思います・・・)

 

 

割とお高くつきますね・・・長浜港クルージングを利用して竹生島で楽しむなら、

大人一人最低3800円はかかることは覚悟しないといけないです!

 

最後に

竹生島クルーズは生まれて初めての体験でしたが、すごく楽しかったです!

デッキの上で琵琶湖を眺めながら風を感じているときは一番最高でした
(風強いので帽子を飛ばされないように注意です)

 

35分というやや短めの船の旅ですが、日本一の湖を体感できるチャンスです!

 

竹生島から離れるときです



スポンサーリンク