みつきの人生レシピ

12年引きこもり主婦のみつきです。人生色々ありますね。。辛い素材も楽しい素材も調理して美味しくいただきましょ♪

コロナ禍における義両親との価値観の違いに深く悩みまくっています

スポンサーリンク

また義両親について悩んでいるの?

もう無理!
コロナ禍においてだけは無理!価値観違いすぎ!草!
だってコロナ前のように県外に住んでいる(超遠距離)孫に会いたいとか今年の七五三は必ず行きたいとか言うんやで?マジで何考えているの?って思う。

確かに七五三の話はひどかった!
こっちでできなかったら、義両親の近くの神社でやろうという提案はあほちゃうかと思ったわ!

ホント!コロナ禍での義両親との価値観の違いについて本当に悩んでます。
ワクチン打ったから何もかもOKという考えもどうなん?って思う!

 

今回、相当愚痴ブログです。愚痴苦手やわ~!いう人はくるっと戻って他の記事を読んでください☆

お薦めは全部です(爆)

関連するのであればこの記事をお薦めします。では!

 

mitsuki-liferecipe.com

 

コロナ禍における義両親との価値観の違いにすごく悩んでいます。

あまり人の悪口をこのブログで言うのもアレですが、本当に悩んでいます。

というのもコロナが流行りだし緊急事態宣言中にも

「帰省どうするの?」「大丈夫よ!こっちにはコロナなんていないわよ」

「え?みつきさんが無症状者だったら?そんなことあるわけないわよ!」とコロナなんかこの世にいないとさぞ余裕をぶちかましています。

 

こちらは夫婦して何度もコロナの危険性及び私たち夫婦が羅漢した際のリスク、子供達への影響をこんこんと言うのですが全く聞く耳を持ちません。

(私の県は医療機関が少なく、コロナの患者さんが少しでも発生するとすぐに医療崩壊になります。羅漢したらもれなく自己療養というなの自宅放置です)

 

義両親はワクチンを2回打ちましたが、打った早々「すぐ旅行へ行きたい」「温泉へ行きたい」だのコロナのワクチンの意味を全く理解していません。

(ワクチンはあくまでも重症化を予防することであってウイルスに感染しないわけではない)

 

ワクチンを家族全員二回うったら旅行へ行けるだの、バカなことしか言いません。

というか想像力に欠けているとしか思えない、自分がまさかコロナにかかるなんてありえないという楽観的な考えを持っているが故、私たち家族を困惑させます。

 

みつきはんが「入院したら子供達どうなるんですか?」って義両親に言ったら
「孫に会っていないやん~早く会いたい」と言われたな。話のつじつまが合わないどころか、いやこの危険な状況下やで?といいたいわ

とにかく聞く耳持たない。コロナにかかっても大丈夫!死んでもいい!と宣言しているあたりからこの人たちと価値観が違いすぎるって思う。私たち夫婦が羅漢したら?という想像力が欠けている

 

「ブレイクスルー感染」についても言及しても、義両親は「そんなこと言ったら何もできない!」と反論。ワクチン二回打ってお亡くなりになる人もいるんやで??

 

もうそこまで言うんやったら何も知りません。私たちは頑張って無茶苦茶言いました。

言うこと聞かないほうが悪い。もう知らない!というところです。(旦那さんも呆れているし、息子もじいじ達はコロナのことわかってないと言っています)

 

おそらく七五三はこちらの地方で執り行います。彼らは必ず来るでしょう。

県民に迷惑かけない方法は、さっさと七五三の儀式を終わらせ(終始黙らせる)、速攻で地元へ強制送還するしかないです。

同じようなことで悩んでいる人がいたら愚痴り合いたいです。コロナ禍での価値観が違いすぎるときっついですよね?

あぁブログがあって良かった。文章にすることでスッキリします。

心がもやもやしたときにばぁあ!!!と吐き出すことができる役割を持っているというのに今気が付きました。

あれは一回コロナにかからんとわからんで

コロナにかかったら重症化しやすい年代ということをもっと意識してほしいです

 

 

 

'